虫明製麺について

創業76年。虫明製麺は伝統を守り抜いています。

虫明製麺は昭和20年に先代(父)が手延べ製麺造業として創業しました。
昭和26年に事業承継し現在に至ります。
岡山県浅口市にある鴨方町で昔ながらの伝統を守り抜いています。

岡山県浅口市鴨方町は手延べうどん発祥の地です。

虫明製麺のある岡山県浅口市鴨方町は「手延べうどん」発祥の地です。
そして手延べうどんの生産量日本一を誇っています。
※2006年:1,559トン、全国シェア40%

昔ながらの伝統製法によって作られた「手延べ素麺」は極寒時期で作る「寒そうめん」のみです。この地区では3社のみが導入している「天日干し製法」。さらに虫明製麺のみが導入している2日がかりで製造する「二日製造」で手延べそうめんを製造しています。
「手延べ麺の本流」といえる付加価値の高い商品を提供しております。

PAGE TOP